独占島 好きになるくらいなら孕まされた方がマシよ!【WitchFlame】アドベンチャー

夏休み、主人公、祠堂遼司(しどうりょうじ)はかねてから考えていた計画を実行に移す。それは選別した女達を自身の所有物である無人島へと招待する事。学生である主人公がなぜそんな物を持っているか、それは彼が特異な能力を持っているからに他ならない。『強制恋愛・隷属能力』能力範囲内の者は時間、日数ごとに主人公への好意が嫌でも増していき、最終的にはその全てを主人公へ捧げる事をも厭わない従順な下僕と化す。その能力を用い、権力者や富豪達から様々な利益を得てきた。島もその結果の一つ。様々な手を使って招待したのはクラスメイトの定禅寺燈華(じょうぜんじとうか)を始め、その親友の彼方此方(かなたこなた)、そして響辺魅悠(ひびきべみゆう)、天娘舞夜(てんじょうまいや)の四人。それぞれがこの夏を天国のような場所で特別な時間を楽しもうという期待を抱えてやってくる。しかし、それは全て罠であり、期待は全て裏切られる事となる。脱出不能の無人島から出る為には、主人公の娘を孕まなければならない。それも出られるのは『二番目に妊娠した者だけ』という条件を突きつけられ、怯え、困惑、怒る女達。自身が徐々に主人公の事を好きになっていくという、抵抗できない感情の異常な変化にも恐怖を覚えながら、望まぬ妊娠をしなければ出られないという理不尽な状況が襲い掛かる。「母親になってこの島を出るか、俺の女になるか、二つに一つだ。考える時間はあまりないぞ」独占島 好きになるくらいなら孕まされた方がマシよ!【WitchFlame】アドベンチャー独占島 好きになるくらいなら孕まされた方がマシよ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。