猫撫ディストーション DL版【WHITESOFT】アドベンチャー

妹である琴子はとある難病にかかっていた。そのため、ほとんど一日中、部屋の中で本を読んだりして静かに過ごしていた。驚かせて刺激やストレスを与えない為に、決して琴子の部屋の中には入ってはいけない決まりがあった。ある日の夜、流星群が訪れて夜空に無数の流れ星が降り注いだ。星や宇宙の写真を見るのが好きだった琴子に、流星の事を知らせようとドアを開けてしまう。そこで主人公が見たのは、息をしていない琴子の姿。それはドアを開けて驚かせてしまった事が原因なのか。それともドアを開く前から息を引き取っていたのだろうか?主人公は、琴子が死んだのは自分が原因という思いに囚われ、この一件から、物事を決定(あるいは確定)できない性格になってしまった。こうして怠情な日々を過ごすようになった主人公だが、あの夜と同じように夜空に流星群が降り注いだある日、ふと昔を思い出して琴子の部屋を訪ねると、なんとそこには元気な琴子の姿があったのだった。しかも翌朝には父は母までもが琴子の死がなかったのごとく振舞っており、さらには飼い猫までが人間の少女と変貌してしまう。あまりの出来事に戸惑いながらも、状況に流されるまま、主人公は家族との新たな関係を模索し始めるのだが……。猫撫ディストーション DL版【WHITESOFT】アドベンチャー猫撫ディストーション DL版

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。