マシーナの輝石 ~オゲレツ大百科外伝~【West Vision】アドベンチャー

蒸気の町、グリノックに暮らす主人公は、蒸気機械技師として天才的な手腕を持ちながらも、興味がない依頼は全く引き受けないという偏屈な所がある男。とある事情から自律動人形のイリスと同居しつつ、何となく日々を暮らしていた。そんなある日、幼馴染でもあり、かつて生活していた教会(孤児院も兼ねている)。が地上げに遭っているとの連絡が入る。有名な某貴族を後ろ盾に持つ彼らは、どこからか手に入れたのか(おそらく偽造だろう)土地の権利書を盾に、立ち退くか莫大な金で利権を買い取るかの選択を迫った。万策尽きたと思われた時、一筋の光明が差し込む。奇矯な行動で名を馳せているその貴族であり主人公の友人でもある、ジョン=J=マッコイ。彼が以前持ち込んだ本が、伝説の古都市『ヤーパン』で書かれた秘本であったのだ。主人公ですら読めない、失われた古文字で書かれた本を、イリスはたどたどしくも解読する。どうやら、イリスのアーク・マスターが入力した情報が、解読の助けになっているようだ。だが、本の内容は、何と淫具の開発書だった!使いモノにならないと思われたそれらを見て、ジョンが驚くべき依頼を持ちかけてくる。『その本を解読し、書かれている技術を用いて淫具を制作してほしい。』淫具を彼に届ける度に、それに応じて高額の成功報酬を提供してくれるという。失われた文明の技術に、主人公の興味は急速に高まってゆく。作るものがちとアレだが、この際は無視だ。自分の研究意欲を満たすため、いや、哀れな孤児たちを救うために、知力を振り絞って淫具を開発するのだ!マシーナの輝石 ~オゲレツ大百科外伝~【West Vision】アドベンチャーマシーナの輝石 ~オゲレツ大百科外伝~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。