柊坂の旧館R -音声無版-【U・Me SOFT】アドベンチャー

そこは、あまり知られていない隠れた温泉街「湯殿ヶ淵」主人公は、しがないフリーライター。お約束通り、失業中…さらに悪いことに、しつこい喘息持ち…そんなわけで、病気療養のため、しばらくここ「湯殿ヶ淵」の温泉旅館でやっかいになることになった。主人公が宿泊している旅館は、ひなびた感じで居心地の良さそうな古い温泉旅館「仙水館」この町「湯殿ヶ淵」には、柊坂という遊歩道がある。柊の木々の間を縫う様に道があることから、そう呼ばれているらしい。主人公は、この坂道を散歩するのが好きである。軽い運動にはもってこいだ。そして、坂を上りきった場所には、古い洋館が建っている。今は空き家だという。最初の内は、旅館に訪れるOLや女子学生らと楽しくやっていた。しか、ある日柊の並木の中で、変死体が発見される。「仙水館」の女中「美咲」を助手に色々と調べていく内に、この温泉街に昔から伝わる「妖怪伝説」を知ることに。主人公は、何かいわくありげな空き家の洋館、そして「妖怪伝説」の調査へ本格的に乗り出すのだが…。柊坂の旧館R -音声無版-【U・Me SOFT】アドベンチャー柊坂の旧館R -音声無版-

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。