WoRKs DoLL【TOPCAT】アドベンチャー

いつの世も人形は人間達の側にそっと寄り添い、人々の心を和ませて来た。その種類は黒髪を持つリアルな物、憂いを湛えた物、可愛らしい笑みを浮かべた物など多種多様で、その目的は一つ。「主の心を癒す事」多くのテクノロジーがそうであるように、時と共に人形も進化する。物言わぬ存在から言葉を話す人形へと…ついには、自ら物事を考えて行動する存在にまで成長し、彼らは「亜人形」と呼ばれる様になった。一部の人々の間では、亜人形を我が子の如く愛する人達も現れ、もはや単なる玩具とは言い難い物となっていた。それどころか、その手の人たちの中では亜人形は別の意味で良い玩具になっていた。抑圧された欲望の開放。その為だけの亜人形が造られるのにそれほど時間はかからなかった。非常に高価で希少価値のある「人型の玩具」として…。亜人形の本来の目的が「人の心を癒す事」であるならば、その癒し方は無限に広がるだろう…人の心が無限の可能性を秘めている限り。その亜人形を創り出し、育てる職人の事を「人形師」と呼び、そして人形師が丹精こめて作り上げた亜人形の事を、人々はこう呼んだ。WoRKs DoLL「ワークスドール」と…WoRKs DoLL【TOPCAT】アドベンチャーWoRKs DoLL

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。