MESSENGER FROM DARKNIGHT【TOPCAT】アドベンチャー

先日の夜から続いている小雨も、空の様子からすると、もうすぐ止むだろう。明丈高校の校門前で、俺は校舎を見据えるように立っていた。この街についたのは、今日から一週間ほど前。鳥取で一騒動起こし、夜逃げ同然でこの街に来た。別に特別な当てがあった訳でもない。羽を休める為に寄ったこの街は、一見して穏やかな中規模の街だった。それが、この高校だけは少し違う。この明丈高校という高校は、妖魔の巣窟と呼んでいい程の魔気を含んでいる。よほどの事が内部で起こっているのではないかと、この一週間観察していたのだが、別段普通の高校と変わる所も無い。それもまた不自然過ぎる。「まぁ、いずれ解るか。」今日から俺はここの生徒になる。内部に入れば、また様々な事も見えてくるだろう……。MESSENGER FROM DARKNIGHT【TOPCAT】アドベンチャーMESSENGER FROM DARKNIGHT

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。