淫辱痴感 ~あなたなんかには、屈しない!~【SPINDLE】アドベンチャー

電車内――。「よう、お前ら。なにやってんだよ」「へへ、竜崎さんもどうっすか?」怪訝な顔をしながら、仲間達が囲んでいるものを覗き込む。「やっぱりあんたの差し金だったのね。どういうつもりよ」仲間達に身体を弄られていた法条が俺に気づいて、睨み付けてくる。「知らねぇよ。なんだよこれ?どういうことだ?」そこにいた人物も、やっていたことも、全てが予想外のことで驚いてしまう。「いや、こいつの姿をたまたま見つけてさ。怒りがぶり返しちまって」「ちょっとからかってやるだけのつもりだったんだけどよ、こいつすげぇエロい身体しててさ」で、こういうことになったってか……ったく、しょうがねぇな。法条のことで苛立っていたのは知っていたが、まさかこんなことをしでかすとはな。「竜崎さんもどうっすか?こいつの胸、すげぇ揉みごたえあっていいですよ」「そうだな……じゃあ――」淫辱痴感 ~あなたなんかには、屈しない!~【SPINDLE】アドベンチャー淫辱痴感 ~あなたなんかには、屈しない!~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。