AQUA【SORAHANE】ノベル

そのとき、僕と千紗との距離は、何メートルだったんだろう。1メートル?それとも、10メートル?「そーちゃーん!オレンジジュースでよかったーっ?」「ち、千紗っ!あぶないっ!」手を伸ばしたけど、その距離は縮まらなかった。そしてその距離は「なにー?きこえな―――――どんどん遠くなって「ち……さ…………?」ついには見えなくなってしまった。目の前で朱色に染まる千紗。道ばたをころころと転がる、オレンジジュースの入ったカップ。しかし僕は、なにもすることができなかった。近づくこともできなかった。あの日から僕は、オレンジジュースが飲めない。西暦2056年――質量をもったホログラムを生成することができるコンピュータアクアがパソコンに取って代わり8年が過ぎ、アクアが世界中で生活に根付いていた。月ヶ浜はアクアを制御するルカと呼ばれるアンテナが水平線に立ち、アクア開発研究組織ECReD擁する科学技術都市として発展してきた。鳴海颯太は母親の智恵と共に、7年ぶりにこの街に戻ってきた。しかし颯太は、この街に戻ってくるのが嫌だった。ここに来ると―――死んだ千紗のことを思い出してしまうから。柊木なずなとの衝撃的(すぎる?)な出会い。学園で出会う南凛や月代奈々璃といったクラスメイトたち。そして颯太は学園で、びしょ濡れ姿の一人の少女と再会する。「そー……ちゃん?」僕のことをそう呼ぶ子は、たった1人しかいなかった。それは“ちさ”と同姓同名の野々宮千紗ではない。僕が知っている、僕が昔知り合った、僕が死んだと思っていた、野々宮千紗、ただ1人だけだった。顔立ちも、身長も、そして胸の大きさも違ってた。でも、その千紗の笑顔が、記憶の“ちさ”と重なった。それは夢でも幻でもなく、現実として、確かに、そして実際に、ここにあった。白い制服が濡れ、透けた先に見えるものは、とても神秘的で――――――とてもドジっ子だった。AQUA【SORAHANE】ノベルAQUA

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。