母娘催眠 『身体強制操作・病院編』【POISON】アドベンチャー

特異な雰囲気から学園で浮いた存在の主人公“恭介”。柄の悪いクラスメートから苛められ、日々鬱々とした毎日を過ごしていた。そんなある日、苛めが原因で骨折した恭介は、父親のかかりつけの病院に入院させられる。担当女医“石川美沙”は超美人&超ナイスバディで嬉しい展開と思いきや、その性格は冷たく鋭利な刃物のようだった。遠慮なくイタい言葉を突き付ける彼女に対して、恭介は憎悪さえ感じてしまう。一方、美沙の娘で看護士の“奈々”は、優しく献身的。言い方を変えれば、ワキの甘い女だった。恭介は口煩い美沙を完全支配するために、奈々を利用することを思いつく。その具体的方法とは、彼がネット仲間から教わった「催眠術」を利用することだった……。母娘催眠 『身体強制操作・病院編』【POISON】アドベンチャー母娘催眠 『身体強制操作・病院編』

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。