ポコゲー ~蝕プレの遺跡・母娘触手地獄~【ポコブラック】テーブル

底なし沼のような暗闇の中で蠢く「それ」は人間のそれとは全く違う、様々な形の触手を無数に持った異形なる怪物であり、「触手の王」と呼ばれ、人間達から恐れられていた。人間に比べれば不死に近い存在の「触手の王」は、陰湿にして残忍、常に暇を持て余し、時折、気まぐれから人間の生活圏を脅かし、その圧倒的な力で蹂躙を繰り返していた。男は殺し、女は犯す――、「触手の王」の蹂躙プランは至ってシンプルだった。だが、ある小国を蹂躙し、その殺戮と凌辱に酔い痴れていた「触手の王」は、強力な魔術師達に包囲され、あろうことか特殊な呪文によって封印されてしまうのだった。――それから永い年月が流れた……。封印されてもなお抵抗を続けていた「触手の王」は、その封印が徐々に弱まっていくのを感じていた。目覚めのときは近い……。その鳴動は確実に強くなっていた……。ポコゲー ~蝕プレの遺跡・母娘触手地獄~【ポコブラック】テーブルポコゲー ~蝕プレの遺跡・母娘触手地獄~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。