ポコゲー 蝕ジャラ東方使節団【ポコブラック】テーブル

―あるところに、男がいた。いや、より正確には、『彼』は人間ではない。近しい姿をしてはいるものの、明らかに人ではない、異形の者だった。『彼』はその身体に無数、かつ様々な形の触手を持つ、言わば魔物…。『彼』には、人間と同じような『心』があった。その性質は…残虐にして陰湿、そして孤高。『彼』に、我々人間の理屈は通用しない。何の前触れもなく様々な人の国を襲い、男は殺し、女は凌辱し尽くす。『あの女達は、どんな風に泣くのかな…?』陰湿な興味が湧き上がる。彼に遠慮や躊躇いなどというものはない。凄惨なる凌辱の宴が、ここに、幕を開く…。ポコゲー 蝕ジャラ東方使節団【ポコブラック】テーブルポコゲー 蝕ジャラ東方使節団

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。