牝人形・白濁の狂宴【OPTiM】アドベンチャー

古びたこの屋敷はいつからあるのか…。なぜ俺はここで暮らし、閉じこめられているのか…。誰も知らない。なにも訊かない。ただ俺は今日も降りしきる雨の中、目の前の従順な牝人形を、舐め、吸い、搦めて汚し、嬲り、貶め、壊してゆく…。やがて快楽の果てにおとずれる冥い欲望のまま白濁したおのれの欲望を、憐れなあやつり人形のはらわたにぶちまけ、犯し尽くすのだ。果てしなく続けられる肉欲の宴…。俺もやがてはこの肉人形とともに生贄にされ終焉を迎えるのか、それとも…。牝人形・白濁の狂宴【OPTiM】アドベンチャー牝人形・白濁の狂宴

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。