イブキノキセキ~琥珀の思い出の中で精霊は夢を見る~【ミルククラウン】アドベンチャー

昔の話だ。丘の上、学校の裏手には大きな樹があった。そこで不思議な少女と出会った。その少女は自分の事を「いぶき」といった。枝から落ちそうになった俺を、まるで空を飛ぶような身の軽さで助けてくれた。その後、仲良くなった俺達は学校の裏庭で度々出会うようになり、幼いながらもいつしかお互いに惹かれ合っていった。そんなある日、ちょっとした事件が起きた。都市計画に沿って大規模な再開発が行われる事になり、俺も含め周辺に住んでいた人々は皆、住み慣れた土地から離れる事を余儀なくされてしまった。引越しを終え、新しい土地に落ち着いた俺は、少女の行方を捜した。しかし、再び会いたいという願は、叶えられる事は無かった。……時は流れ、そんな過去の出来事をすっかり忘れてしまった頃、通学のため俺は懐かしい町へと戻った。かつての幼馴染たちと集まり、思い出の場所を訪ねて回っていたときだった。学校の跡地、校舎の脇にあった巨木が姿を消していた。再開発のため切り倒されたのだろうか。満たされない、奇妙な感情が俺たちの胸に渦巻く。――翌朝。丘の上、かつて通っていた学校の脇に生えていた筈の巨木が、そこに生えていた。そして、その巨木の枝の上には、一人の少女の姿があった。俺の姿を確め、少女はつぶやいた。「あ、広幹……やっと来たんだ……」イブキノキセキ~琥珀の思い出の中で精霊は夢を見る~【ミルククラウン】アドベンチャーイブキノキセキ~琥珀の思い出の中で精霊は夢を見る~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。