あの娘はHな小説家【萌雛】アドベンチャー

主人公・香川明彦は官能小説を主力とした出版社に勤める平の編集員。明彦は就職・配属が決まった早々に、今年の新人賞を取った作家の担当に回される。その相手・篁シズクこと高村静香は、なんと現役の女子校生の少女だった。しかも彼女の書いた官能小説のイメージとはかけ離れた、無口・無表情・無愛想な文学少女。彼女は自分の趣味や嗜好が高じて応募してみたものの、ネットの掲示板で「生々しさが足りない」などの指摘を受けたことを気に病み、何も書けなくなってしまったという。突然のスランプ宣言に困り果てる明彦だったが、静香は実際に様々なHを体験し、その体験したことを描きたいと主張する。不思議な圧倒感を持つ静香に押し切られ、ラブホテルでお互いに刺激的な初経験を経験してしまうのだった。それから明彦は初めての担当作家、そして初めての女性のために、静香の執筆に付き合おうと決意するのだった。あの娘はHな小説家【萌雛】アドベンチャーあの娘はHな小説家

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。