さよならまゆみちゃん~藤ノ森病院物語~【GLOBE】アドベンチャー

東京の大学病院に勤務する新米医師“北浦 高”は、系列である「藤ノ森病院」へ赴任することになる。そこは山奥の寒村にある緊急治療用の総合病院だった。しかも、夏には廃院が決まっているという。「藤ノ森病院」の医師は、外科医で院長代理の裕子先生の一人、看護婦は婦長代理の猪苗むつみとナースの相模つかさだけという少人数。通院患者は村人数名、入院患者も“まゆみ”という少女一人だけ。そんな病院を舞台に、原因不明の難病に冒されているまゆみを中心に、かなりHでちょっと寂しい物語が展開されていく……。さよならまゆみちゃん~藤ノ森病院物語~【GLOBE】アドベンチャーさよならまゆみちゃん~藤ノ森病院物語~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。