ルーンロオド【CLOCK UP】アドベンチャー

そこには、巨大なロボットが、居た。体育館の屋根を突き破って、床の上にまで、届いている。さっきの奴か!?落ちてきた!?オレはもっと近くで確かめようと、痛みをおして、立ち上がった。ジゼル「ちっ!私の隙をついたつもりか!バルトロメウス!」正義「え?」砂埃の舞う中、オレの隣に、いつの間にか見知った姿があった。ジゼル?なんで彼女が、こんなところに…。正義「うわっ!?」再び轟音が起こり、校庭に突風が湧き上がる。驚いて振り向くと、体育館に落ちたロボットと相対する形で、もう一台ロボットが降りて来るところだった。こちらは最初のロボットに比べると、ずっとスマートな着地を披露する。ジゼル「ここに居ては、危険だぞ!早くこの場を離れろ!」正義「え!?ちょっと、ジゼル!」僕に逃げるよう指示して置きながら、ジゼルが自分から、体育館にめりこんだロボットに近づく。おいおいおい、いったいどうなっているんだ!?ルーンロオド【CLOCK UP】アドベンチャールーンロオド

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。