はにつま【bootUP!】アドベンチャー

霧島重工業の重役を代々引き継いでいる名門『暁家』。主人公――『暁響』は、暁家の一人息子として生を受け、父――『暁雷電』の厳しい指導の元、父や祖父の後を継ぎ、霧島重工を支える人間であることを義務づけられていた。父、雷電の一人息子である響に対する期待は大きかったが、それは響にとって重荷以外のなにものでもなかった。幼い頃は雷電の言うことに従っていた響だったが、年を重ねる毎に、父に反発するようになっていく。そして、進学をきっかけに、響は家出同然で父がいる東京の自宅から出て、遠く離れた地方都市二代市にある鳴海学園への進学。二代市内にある暁家の別邸――通称『神楽邸』に住み込むことに……。神楽邸に住み込みながら屋敷の管理をする女性――『青葉美里』に日々の暮らしの面倒を見て貰いながら響は父親に翻弄されない平穏な日々を淡々と過ごす。だが、響が望んでいた『平穏な日々』は、一人の女性との出会いによって、あっけなく崩れ去ってしまう。響の元を訪れた女性の名前は『生駒葵』。葵は自分が響の許嫁であること。そして、正式に婚約する前に自分のこと知って貰いたくて、神楽邸でしばらく一緒に住むためにやってきたことを告げる。葵の存在――自分に許嫁がいたことなど全く聞かされていなかった響は、いつものように強引に父親に強い反感を覚える。しかし、さすがに門前払いすることはできず、葵を神楽邸へと上げてしまう。しばらくの間、一緒に生活してみてお互いのことをもっと知りましょう――そんな葵の言葉に戸惑いを感じつつも、葵と一つ屋根の下で生活することになる。結局、こんな所に逃げ込んだ所で、親父からは逃げられないんだ――葵との出会い、そして一緒に暮らし始めたことは、父親のプレッシャーから逃げ、毎日を過ごしてきた響の心に大きな変化を与えていく。自分が心地よいと感じていた平穏な日々が仮初めだったこと。暁の家に生まれた人間として、現実から目を背けられないことを響は理解する。そして、今、自分に起きていることに対して、きちんと向き合うことを決意する。許嫁である葵と結婚するかどうかは別として、葵の提案を受け入れて共に生活する選択肢を選んだ響。それがきっかけだったのか、どうかわからないが、葵が許嫁として神楽邸で一緒に済むようになってから、身近な女性との関係が少しずつ、だが確実に変化し始める。響が選んだ『彼女』と会話することや行動を共にすることで、「好意」が「好き」という、具体的な気持ちになっていく。LIKE to LOVE――パートナーとして選んだ『彼女』との距離はどんどん縮まっていき――LOVE to Engagement――父親への自分の決意を示す為、『彼女』と正式に婚約、結婚することに。『彼女』だった女性は、あなたの『愛おしい妻』になる。そして綴られる夫婦としてのLOVEエロな日々――自分の中で欠けていた心(ピース)を埋めるかのように、生涯を誓い合ったパートナー『妻』と、情熱的に愛し合う甘く蕩けるような毎日。はにつま【bootUP!】アドベンチャーはにつま

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。